リード文の書き方をテンプレート付きで解説【ブログ・webライターで即戦力】

リード文の書き方をテンプレート付きで解説【ブログ・webライターで即戦力】

 

・リード文の書き方がわからない
・リード文のテンプレートが欲しい

 

このように悩んでいませんか?

本記事ではブログ・webライターで使えるリード文の書き方をテンプレート付きで解説していきます。

こちらで紹介するリード文はライター収益月50万円、ブログ収益月1万円を稼ぐ中で活用しているものです。

この記事では

  • リード文が重要な3つの理由
  • 読まれるブログリード文のテンプレート【テンプレート付き】
  • 検索上位記事量産のメディアから教わったwebライターが使えるリード文の型

以上について解説していきます。

3分くらいで読めて、読者やクライアントから評価されるリード文が書けるようになりますので、最後まで読んでみてください!

目次

この記事の筆者

この記事の筆者

 

そもそもリード文とは?かんたんに解説

リード文とは、記事の概要を読者に伝えて、全体像を理解してもらうための文章のことです。

 

ブログやweb記事だとタイトルの後にくる文章がリード文になります。

 

ちなみに、この記事でいうと

 

・リード文の書き方がわからない
・リード文のテンプレートが欲しい

 

このように悩んでいませんか?

本記事ではブログ・webライターで使えるリード文の書き方をテンプレート付きで解説していきます。

こちらで紹介するリード文はライター収益月50万円、ブログ収益月1万円を稼ぐ中で活用しているものです。

この記事では

  • リード文が重要な3つの理由
  • 読まれるブログリード文のテンプレート【テンプレート付き】
  • 検索上位記事量産のメディアから教わったwebライターが使えるリード文の型

以上について解説していきます。

3分くらいで読めて、読者やクライアントに評価されるリード文が書けるようになるので、最後まで読んでみてください!

 

ここがリード文です。

 

読者はザーッとリード文を読んで「この記事で自分の悩みを解決できるか」を確かめています。

 

あなたは他の記事のリード文を一言一句細かく見ることはありますか?このような人はほとんどいないでしょう。

 

基本的に読者はリード文をほぼ「感覚」で読み、自分の悩みを解決できる記事か判断しています。そのため、簡潔かつ明確なリード文を書かないと、記事から離脱されてしまうのです。

リード文が重要な2つの理由

リード文が重要な2つの理由

・リード文は本文じゃないし、サクッと書いた方がいいんじゃない?
・読者だったら意識してみないから特にこだわって書いていない

このように考えていませんか?

以下ではリード文が重要な理由を3つ紹介します。

具体的に本項では

  • 読者が一番最初に見る部分だから
  • 意識していないブロガー・webライターが多いから

 

以上について解説していきます。

読者が一番最初に見る部分だから

 読者はリード文をみて「この記事で自分の悩みが解決できるか」を判断します。なぜなら読者の大半はリード文から読み始めるからです。

 

読者はリード文で続きを読むかどうかを判断します。それも「感覚的」に行うため、書き手は刺さるリード文が書けないとすぐに離脱されてしまうのです。

例えば「ケーキの作り方を知りたい」という方が記事を見に来たとしましょう。

この事例のリード文で「美味しいケーキのお店を解説します」と記載されていたら、自分の悩み解決できないと思いますよね。

「自分に関係ないことが書いてある記事だ」となってしまいますね。

したがって読者がはじめに見るリード文は重要なのです。

意識していないwebライター・ブロガーが意外と多いから

リード文を意識して執筆していないwebライター・ブロガーは意外と多くいます。そのため、意識的にリード文が書けるだけで読者にもクライアントにも評価されますよ

実際私も「本文と関係ないから」とリード文を軽視しているときもありました。

しかし、執筆するメディアやクライアントの規模が大きくなるにつれて、リード文の修正依頼も増えてきたのです。ここでリード文の重要性に気づかされました。

 

読まれるブログリード文のテンプレートを紹介【コピペ可】

読まれるブログリード文のテンプレートを紹介【コピペ可】

・とにかくテンプレートが欲しい!
・ブログでリード文がうまく書けなくて困っている

このように悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

そこで以下では、読まれるリード文のテンプレートを紹介します。

ボックス内がテンプレートです!コピペ可なので使ってみてください。

・〇〇
・〇〇(検索キーワードを元に悩んでいる人を想像)

 

このように悩んでいませんか?

本記事では〇〇について解説していきます。

こちらで紹介する〇〇は〇〇(根拠と権威性)です。

この記事では

  • H2見出しの内容
  • H2見出しの内容
  • H2見出しの内容

以上について解説していきます。

◯分くらいで読めて、〇〇(得られる未来)ので最後まで読んでみてください!

①読者の疑問を明確にする

初めに、読者の疑問を明確にしましょう。今回のリード文の中では

・リード文の書き方がわからない
・リード文のテンプレートが欲しい

 

このように悩んでいませんか?

 こちらの部分にあたります。

「私のことだ」と思われることが大切!

リード文の冒頭は「私の悩みを解決してくれそう」と思ってもらえるような内容を持ってきましょう!

 

具体的な方法は、想定している検索キーワードをもとに読者の悩みを推測することです。

例えば「パソコン おすすめ」で流入してくると想定したら「おすすめのパソコンを知りたい」と思っている方が見にくるでしょう。

どのような読者が見にきているのか検キーワードから想定して、その人の悩みを浮き彫りにしてあげることが大切です!

②この記事で解決できることを示す

 次に明確にした疑問をこの記事で解決できることを示します。

本記事ではブログ・webライターで使えるリード文の書き方をテンプレート付きで解説していきます。

こちらの部分が解決できることにあたります。

「それなら読もうかな」と思ってもらうことが大切!

前の段階で浮き彫りにした疑問を、この記事で解決できることを示しましょう。

③権威性を示す

読者の疑問と解決できることを示したら、権威性を示しましょう。

こちらで紹介するリード文はライター収益月50万円、ブログ収益月1万円を稼ぐ中で活用しているものです。

こちらが権威性にあたります。

なぜ権威性が必要なのか?
権威性があると述べることひとつひとつに力がつくからです。

とはいえ「権威性のイメージがつかない」という方もいらっしゃいますよね。そこで実際の事例を2つ紹介します。

事例1:これは「歯科医が推奨している」ホワイトニングにおすすめの歯磨き粉です。

→「歯科医が推奨している」が権威性にあたります。なんとなく効くのかも…と思ってしまいそうになる

事例2:「月収100万円のwebライターが実践している」文章術です。

→「月収100万円のwebライターが実践している」が権威性にあたります。絶対効果ありそう、私も実践してみたい!という気持ちになる

今回のリード文では「ライターで月50万円、ブログで収益月1万円を稼ぐ中で活用しているもの」で権威性を示しています。

どれだけ小さな実績でもいいので「それなら効果ありそう!」って思ってもらえるような権威性を示しましょう!

④記事でわかること(記事の要約)

 ここまでリード文を見てくれた読者は「じゃあ読んでみようか」という気になっています。その読者たちに記事の要約を伝えてあげましょう。

この記事では

  • リード文が重要な3つの理由
  • 読まれるブログリード文のテンプレート【テンプレート付き】
  • 検索上位記事量産のメディアから教わったwebライターが使えるリード文の型

以上について解説していきます。

こちらが記事の要約にあたります。

先に記事の概要を伝えると読者が迷子にならない!

記事の概要を先に伝えると「記事のどこに知りたいことがあるか」伝えられます。

⑤手軽さと未来

 最後に「手軽に読めること」と「読み終わりにはどのような未来が待っているか」伝えていきます。

3分くらいで読めて、読者やクライアントから評価されるリード文が書けるようになりますので、最後まで読んでみてください!

こちらが手軽さと未来を表しています。

人は「楽なもの」に惹かれる!

ここで手軽さを示す一番の理由は人間の性質にあります。簡単に読める記事だということを伝えることで「じゃあ読んでみよう」という気持ちにできるのです。

例えば同じ内容の記事でも「5時間くらいで読めます」より「3分で読めます」の方が手軽に感じますよね。

このように、この先を読んでもらうためにも、手軽さを示すことが重要なのです。

webライターで「ブログが運営にも挑戦したい」「自分のブログを持つメリットがわからない」という方は以下の記事を参考にしてみてください!

webライターはブログ開設すべき?両立する方法も解説

 

webライターが使えるリード文のテンプレート2選【SEO1位量産のメディアから教わった】

 

webライターが使えるリード文のテンプレート2選【SEO1位量産のメディアから教わった】

・「リード文 書き方」で検索してもクライアントワークで使えないものばかり
・最終的に他人の記事になるから「権威性」は示せない…

 

このような悩みを持っているwebライターもいらっしゃいますよね。

 

そこで、本稿ではwebライターがクライアントワークで使えるリード文の型を2つ紹介します。

 

以下で紹介する2つの型は、検索上位記事を連発しているメディアで教わったものです!

 

誰でもすぐに使える即戦力級の型なので、参考にしてみてください。

 

金融メディアで教わったリード文

例えば「生命保険+おすすめ」のキーワードでリード文を作成するとしましょう。

このケースで用いるリード文は以下の通りです。 

生命保険は契約者にもしものことが起こったとき、経済面のサポートをするものです。

しかし、「生命保険のおすすめを知りたい」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この問題は、記事内で紹介しているおすすめの生命保険を確認することで解決できます。

本記事ではおすすめの生命保険を3つ紹介し、併せて具体的な契約方法もご紹介します。

この記事を参考に保険を検討してみてください。

 

キーワードはどのようなものか説明

 まずはキーワードにまつわる説明を簡潔にします。例文だと以下の部分です。

生命保険は契約者にもしものことが起こったとき、経済面のサポートをするものです。

今回の例文だと「生命保険」がメインキーワードになるので、この説明を一文で説明します。この部分が長くなってしまうと離脱率が高くなってしまうため、注意が必要です。

私は大体30文字から50文字くらいで説明するようにしています!

読者の疑問を指し示す

 次に読者の疑問を指し示します。例文だと以下の部分です。

しかし、「生命保険のおすすめを知りたい」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここで重要なポイントは、想定読者を明確にすることです。「あっ、この記事は自分に向けて書いているんだ!」と思ってもらえるようにしましょう。

その問題の解決策を示す

 読者の疑問を明確にしたら、問題の解決策を示します。例文だと以下の部分です。

この問題は、記事内で紹介しているおすすめの生命保険を確認することで解決できます。

ここでのポイントは、読者の悩みはこの記事で解決できると伝えることです。

「この記事を読んだら自分の悩みは解消できそうだな…」と思ってもらいましょう!

この記事で解説していることを説明

そして、記事で解説していることを具体的に明記します。例文だと以下の部分です。

本記事ではおすすめの生命保険を3つ紹介し、併せて具体的な契約方法もご紹介します。

ポイントは「この記事を読んだら自分の問題は解決できそう」と思ってもらっている読者に対してトドメを指すことです。読者が抱いている悩みを解決できる内容が盛り込まれていることを明記しましょう。

NEXTアクションにつなげてもらう

最後に、NEXTアクションにつなげてもらいます。 例文だと以下の部分です。

この記事を参考に保険を検討してみてください。

この記事はNEXTアクション=保険を検討してもらうことになります。「生命保険+おすすめ」では記事から保険が契約されたり、相談の申し込み予約が発生することを目的としているからです。

NEXTアクションはこの記事で起こしてほしい行動を示すとよいってことですね!

おすすめ・比較系メディアで教わったリード文

次はおすすめ・比較系のメディアで教わったリード文です。あたたかい文調かつ読者が必要な情報が揃っている内容なので、クライアントワークでも即戦力で使えますよ。

今回は「コンビニアイス+おすすめ」のキーワードだと仮定して作成しています。

 

さまざまな店舗で、幅広く販売されている「コンビニアイス」。

レジ待ちのときや甘いものを食べたいときなど、思わず手に取ってしまう方も多いのではないでしょうか。

アイスといっても乳成分の量によって4種類に分類され、さらにコンビニごとに販売されている商品も異なります。

そこで今回は、乳成分ごとの違いとおすすめのコンビニアイスをランキング形式でご紹介。

コンビニアイスを選ぶときの参考にしてみてください。

 

体言止めの好みはメディアによる

この例文では「コンビニアイス。」の部分で体言止めを使用しています。この表現はメディアによってNGなこともあるので、このフォーマットを使うときは注意が必要です!

キーワードを紹介

 まずはキーワードに関する説明を一言でまとめます。

さまざまな店舗で、幅広く販売されている「コンビニアイス」。

ここではキーワードを強調するために体言止めを使用していますが、webライターとして使うのであれば慎重に判断してください。

体言止めNGのメディアもあるので、他の記事を確認してから使うことをおすすめします。初めての案件なら使わない方がベターです。

キーワードに関する共感をしつつ深掘り

 次にメインキーワードの説明を深掘りしていきます。

レジ待ちのときや甘いものを食べたいときなど、思わず手に取ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここで大切なことは「共感」です。

あ〜わかる〜!と思ってもらえるような内容で読者を引きつけていきましょう。

問題提起

ここで問題提起です。

アイスといっても乳成分の量によって4種類に分類され、さらにコンビニごとに販売されている商品も異なります。

ここのポイントは「へ〜そうなんだ」と思ってもらえるような内容にすることです。

「4種類ってなんだ?コンビニごとに販売されているアイスを知りたい」と思ってもらえるような内容にしましょう。

記事で紹介していることを説明

 この部分で記事で紹介していることを説明します。

そこで今回は、乳成分ごとの違いとおすすめのコンビニアイスをランキング形式でご紹介。

私が知りたい情報がこの記事にありそう!と思ってもらえることが大切です。

ここでいう「私が知りたい情報」はキーワードから推測できます。今回はコンビニアイス+おすすめがメインキーワードです。そのためこの文言を含めた文章を作ります。

NEXTアクションにつなげてもらう

最後にNEXTアクションにつながる締めくくりをします。

コンビニアイスを選ぶときの参考にしてみてください。

今回はこの記事を通じてコンビニアイスを選ぶ参考にしてもらうことが目的のため、上記ボックスのような締めくくりになります。

リード文の締めくくりはそれぞれの目的に合わせて調整してみてください。

ブログを運営していて「私も大きなメディアで記事を書きたい!」と感じている方は以下の記事を参考にしてみてください!

webライターとは?Webライターとは?仕事内容や年収、6ヶ月活動した経験談を紹介

リード文を書く上で意識したい4つのポイント

 

リード文を書く上で意識したい4つのポイント

・思考停止でリード文を書くのも気が引ける
・リード文を書くときのポイントを教えて

このように思っている方もいらっしゃいますよね。

そこで以下では、リード文を書くときのポイントを4つ紹介します。

以下で紹介するポイントは私がwebライター・ブロガーとして活動するときに意識しているポイントです。ぜひ参考にしてみてください。

  • 文字数は150文字から300文字以内
  • キーワードをはじめの文章に持ってくる
  • 「自分のことだ」と思ってもらえる問題提起
  • 独学よりも「テンプレート」の方が強い

文字数は150文字から300文字以内

 リード文は150文字から300文字以内でまとめることをおすすめします。なぜなら読者に問題提起しつつ記事に書かれていることをまとめるには、このくらいの文字数は必要だからです。

例えばリード文が30文字しかないと、問題提起ができなかったり記事に書かれていることがわからなかったりします。長すぎる場合は、読者が退屈してしまいますよね。

私がこれまで100記事以上webライターとしてやってきた中で指示を受けてきたのもこの文字数でした。

そのため、150文字から300文字以内でリード文を書くことをおすすめします。

キーワードをはじめの文章に持ってくる

 キーワードははじめの文章に含めることをおすすめします。なぜなら上位表示されているほとんどのリード文で、最初の文章にキーワードが含まれているからです。

 

今回紹介している2つのテンプレートでもはじめにキーワードを持ってきていますよね。この形にすることで、SEOも意識したリード文ができあがります

特別な事情がない限りはじめの文章にキーワードを持ってくると、よりよい文章になりますよ。

「自分のことだ」と思ってもらえる問題提起

 問題提起をするときは「自分のことだ」と思ってもらえるような形式にすることをおすすめします。続きを読みたいと思ってもらったり、この記事で悩みを解決できそうと思ったりしてもらうためです。

自分のことだと思ってもらうには、キーワードから読者のニーズを推測する必要があります!

上の例でも紹介したように、どのようなニーズがあるか推測しながらリード文を書いてみてください。

 

独学よりも「テンプレート」の方が強い

初心者がリード文を書くときはテンプレートを使うことをおすすめします。なぜなら上位表示されている強いメディアたちが使い倒している実績のある型だからです。

特にwebライターは、他の記事とリード文がずれてしまうと差し戻しになることもあります。こだわりがない限り、記事内で紹介しているテンプレートを使用すると大ケガせずにすみますよ。

 

リード文を書くときに覚えておきたい3つの注意点

リード文を書くときに覚えておきたい3つの注意点

・リード文でこれだけはやっちゃいけないことはありますか?

 

このように悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

そこで以下では、リード文を書くときに覚えておきたい注意点を3つ紹介します。

この章で紹介する注意点は、私がwebライターとして活動している間で注意されたことです。

必ず役に立つことなので参考にしてみてください!

  • 冗長文は避ける
  • キーワードは変換しない
  • 適当に書かない

冗長文は避ける

 リード文を書くときは、冗長にならないように注意しましょう。なぜなら余分なことが書かれていると離脱につながってしまうからです。

冗長文の例はどんなものがある?

「近年〇〇は人気になっていて〜〜」や「こんにちは。〇〇です」から始まるようなリード文は高確率で冗長になります。

もちろんメディアの傾向によります。しかし読者が知りたいことではない可能性が高いため、使ってしまっている方は注意が必要です。

キーワードは変換しない

検索されたいキーワードはなるべく変換しないようにしましょう。読者が流入してくる可能性が低下してしまうからです。

例えば「アイスクリーム」と「アイス」はほぼ似た意味ですが、検索されるときは異なるキーワードとして扱われます。

このように意味が同じ言葉でも、狙っているキーワードに合わせることが重要なのです。

 

適当に書かない

 リード文は丁寧に書きましょう。なぜなら大抵の読者がはじめに見る部分だからです。

例えば誤字・脱字があったり、あまりにも短くて何か書いてあるかわからなかったりするリード文は、離脱につながってしまいます。

校閲者がはじめに見る部分もリード文!

webライターの場合、校閲者がはじめに見る部分はリード文です。ここが適当になっていると、この先の文章も適当だろうなというレッテルを貼られてしまうでしょう。

 

まとめ

 この記事ではリード文の書き方をテンプレート付きで紹介しました。

リード文は読者が一番はじめに見る、最も重要な部分です。クライアントも一番はじめに見る部分のため、webライター・ブロガー共に重要な部分といえます。

リード文を上手に書くには、テンプレートを参考にすることが重要です。今回紹介した3つのテンプレートを参考にして、読者に読まれるリード文を書いてみてください。

あわせて読みたい

webライターがテストライティングで合格する3つの裏ワザ【合格率80%越え】webライターがテストライティングで合格する5つの裏ワザ【合格率80%越え】 webライター提案文の書き方!未経験でも即受注【テンプレートあり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA