【2022年1月】未経験webライター3ヶ月目収益報告

webライター6ヶ月目収益報告

未経験webライターは3ヶ月でどれくらい収益をあげられるの?

実際に私が3ヶ月webライターに取り組んで

稼げた金額を発表していきます。

この記事を書いた人

この記事の結論

  • 未経験でも収益6桁は可能
  • 「考え方」「継続案件」「単価」が大切
  • 常に考えながら行動する

2022年1月度収益

個人的にランサーズは使いにくく、

クライアント様と音信不通になってしまったケースもあるので

クラウドワークス中心に案件を取っています。

各媒体別

ランサーズ

0円

クラウドワークス

225,280円

ココナラ

20,000円

直接契約

22,500円

提案数

合計で5件提案しました。

  • ランサーズ0件
  • クラウドワークス2件
  • ココナラ3件

提案数こんなに少なくても大丈夫なの?

12月からの継続案件が多い分提案は控えていました。

受注数

受注数はココナラからの1件のみです。

少なくても契約してくださったクライアント様には感謝ですね。

収入推移グラフ

3ヶ月分の収益推移グラフがこちらです。

ブレイクスルーが訪れたのか、単なるビギナーズラックなのか。

とにかく慢心せずこれからも謙虚に積み重ねていくことが大切。

3ヶ月目に変えたこと

仮に収入が増えたことに理由をつけるならば

常に考えながら動けたことが要因かもしれません。

具体的には以下の通りです。

「楽しい」と思えることに注力

私はwebライターが本当に楽しくて

全ての時間が有意義に感じます。

それは「自分が楽しいと思える分野」で挑戦しているから。

案件を選ぶときもまず最初に楽しそう!と思う案件に応募。

この基準で案件を選ぶと

納期やクライアント様からの修正が入ったとしても

プラスに捉えられます。

まずはじめの判断基準として

得意な分野ではなく、好きな分野に絞る。

こうすることでモチベーション高く

取り組めるようになりました。

継続案件を増やした

とはいえ、理想論だけでは上手くいきません。

他にも案件に応募する中で「継続案件」にこだわりました。

単発の案件ではどうしても提案→執筆までの

タイムロスが多くなってしまいます。

継続案件を受注することでアイドルタイムをなくし、

執筆できる時間を増やしていきました。

単価にこだわった

現在新規に提案する案件は単価2円以上

継続の案件は単価1.5円以上の案件のみ請け負っています。

未経験はもっと低単価案件しか受注できなさそう…

確かに未経験ライターが受注しやすいのは0.5円などの

いわゆる「低単価案件」でしょう。

しかし、自身の可能性にフタをして高単価案件に応募しないのは

非常にもったいないと思います。

webライターのスキルはさまざまありますが、

自身のスキルを判断するのはクライアント様です。

ご自身が得意・好きな分野で勝負できれば

持っている知識やスキルを評価してもらえる

クライアント様に必ず出会えます。

そう信じて提案してみましょう。

私も提案→無視のオンパレードです。
ダメ元くらいの気持ちで提案してみましょう。

文字数の多い案件を中心に受注

ここは個人差になると思います。

私は学生時代毎年25,000文字以上の論文を執筆していたので

長文に対するハードルが低かったです。

なので、新規に応募する案件は基本的に10,000文字以上

前月に比べて効率よく執筆できるようになりました。

音声入力で効率アップ

文字数の多い案件×音声入力(録音)

このコンビは最強でした。

1月度の最大文字数は31,000文字でしたが、

録音することで一通りの構成が1日で出来上がりました。

あとは音声データを入力するだけ。

31,000文字の案件を4日間で完成できたので

時間のかかる私にとっては効率の良い方法でした。

次月意識すること

ここからは戒めと思ってありのままを書いていきます。

参考にできるところがあればいいですが…

基本的には備忘録のようなものなのでサラっとみてください。

自分が集中できる状態を知る

私は「自分が集中できる状態」を意識的に作っていました。

具体的には集中できたとき、集中できなかったとき

どちらもメモに残し、

自分が集中できる状況はどんなときなのか理解していきました。

参考までに、集中できるときは以下の通りです。

  • 寝起き直後の45分
  • 前日に運動している
  • 当日に軽く運動し、その直後
  • お腹が空いている状態
  • 睡眠が十分に足りている
  • 周りに物が何もない
  • 周囲の音が気にならない

逆に集中できないときはこんな感じでした。

  • 睡眠不足(前日の睡眠時間が6時間以下)
  • 運動不足(最後に運動してから3日経過した状態)
  • お腹いっぱい
  • スマホが近くにある(手伸ばしたら届く範囲)
  • 歌詞がある音楽を聴いている

例えば、45分間執筆し15分間休憩(睡眠)する。

このサイクルで作業すれば常に寝起き直後の状態を作り出せます。

自分が集中できる環境(状態)を知ることで、限られた作業時間の中で

最大限のパフォーマンスを発揮できるようになりました。

集中できるパターンをもっと増やしていくのが来月の目標。

現状に満足しない

さすがにできすぎだよな…
ビギナーズラックだよな…

内心、こんな感じに思っています。

しかし、自分を下げる考えは

自分の収入に限界を作る原因にもなるでしょう。

「クライアント様に恵まれていい成果に恵まれた」そう捉えつつ

「自分の可能性はこんなもんじゃない」と野望を持ちながら

これからもライター業に励みます。

収入が低くなることも想定

ある書籍によると

人間はいいときの状況を軸に想定してしまう」そうです。

確かに調子のいいときのことばかり考えて

行動していることが多そうです(バブル崩壊など)。

目標は高く持ちつつ、収入が低くなったときの想定をしながら

行動を考えていかないといけませんね。

まとめ

大きな変化が訪れた未経験webライター3ヶ月目。

未経験でもここまでできるという証明ができました。

ライター業はほとんどの人が未経験からのスタート。

オススメの勉強法提案文の書き方記事もありますので、

こちらも参考にしながら一緒に成長していきましょう。

来月も変わらず報告していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA