webライターに向いている人4つの特徴と身につけるべき3つのスキル

webライターに向いている人4つの特徴と身につけるべき3つのスキル

・webライターってどんな人が向いているんだろう?
・webライターを始めたいけど、自分にはできるかわからないな…

このように悩んでいませんか?

この記事ではwebライターに向いている人の特徴を、6ヶ月webライターとして活動した経験から考察していきます。

6ヶ月間webライターとして働きながらTwitterも発信してきたため、1,000人以上のライターを見てきた中での考察です。

本記事では

  • webライターに向いている人の4つの特徴
  • webライターに向いていない人の3つの特徴
  • webライターを始めたい人が身につけるべき3つのスキル

以上について具体的に解説していきます。

3分くらいで読めて、自分がwebライターに向いているか手っ取り早くわかる記事になっています。これから始める方にとって有益な情報が詰まっていますので参考にしてみてください!

この記事の筆者

webライターに向いている人の特徴|この記事の筆者

webライターに向いている人4つの特徴を紹介

webライターに向いている人4つの特徴を紹介

・私はwebライターに向いているかな?
・実際にwebライターをやっている人から特徴を聞きたいな

このように悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

そこで以下では6ヶ月間webライターをやってみて感じた「webライターに向いている人の特徴」をまとめていきます。

前提として、現段階でwebライティングのスキルを持っている必要はありません!
誰でも初めはスキル無しの状態からのスタートなので、適性があるか確認することが大切です。

  • 文章を書くこと・読むことが好きな人
  • 人に何かを伝えることが好きな人
  • 集合時間や納期を守れる人
  • 探究心がある人

文章を書くこと・読むことが好きな人

言わずもがな文章を書くこと・読むことが好きな人はライターに向いています。本すら読めなかった私でもライターとして活動できているので活躍できるでしょう。

その人の戦略にもよりますが、私の場合は長文の案件を扱えるようになってから多く稼げるようになってきましたよ!

文章を書いたり読んだりすることが好きな人は、早い段階で稼げるようになるチャンスがあります!

初心者のうちから長文の案件を狙えるのは大きなアドバンテージになるので、活かしてみてください。

人に何かを伝えることが好きな人

webライターに向いている人|人に何かを伝えることが好きな人

人に何かを伝えることが好きな人はwebライターになることをおすすめします。なぜなら自分で調べ、自分の言葉で書き上げるのがwebライターの仕事だからです。

言葉と文字、方法は違えど伝えることには変わりないですね!

もちろんwebライターには案件ごとに執筆のルールが異なるため、自由に伝えられる訳ではありません。制限はありますが、その中で伝えることは非常にやりがいがありますよ。

集合時間や納期を守れる人

集合時間や納期を普段から守れる人はwebライターに向いています。なぜならwebライターは自分でスケジュールを立てながら日々の納期と向き合っていかなければならないからです。

夏休みの宿題や普段の業務を前倒しでできる方はwebライターになっても苦労をせずに進められますよ!

案件多く抱えるようになるとよりタイムマネジメントのスキルは必要になります。

「普段から時間や納期を守れている」という方はwebライターになっても活かせるスキルなので挑戦してみてください!

探究心がある人

普段からわからないことをよく調べる人はwebライターに向いています。なぜならライターが執筆するとき必ず「リサーチ」をするため、調べる習慣がある方にとっては比較的簡単なステップになるからです。

普段から本を読んだりネットで調べたりする人はリサーチもしやすくなるということですね!

わからないことをわからないまま執筆してしまうと、読者のためにならない記事が出来上がってしまいます。

探究心がある方は綿密に調べてから執筆できるため、webライターに向いているのです。

この時点で「webライターいけるかも!」と思った方は以下のボタンからwebライターの始め方を確認してみてください!

webライターの始め方を確認する

webライターに向いていない人の4つの特徴を紹介

webライターに向いていない人の4つの特徴を紹介

・逆にどんな人がwebライターに向いていないのでしょうか?
・本当にできるか心配だから向いていない人の特徴も知りたいな

このように悩んでいる方もいらっしゃいますよね。

そこで以下ではwebライターに向いていない人4つの特徴を紹介していきます。

6ヶ月働いた経験やTwitter発信で得てきた情報をもとに紹介していきますね!

  • 時間にルーズな人
  • 細かい作業が苦手な人
  • 一気に稼ぎたい人
  • 楽して稼ぎたい人

時間にルーズな人

時間にルーズな人はwebライターに向いていません。なぜならクライアントワークのため、作業には必ず納期がつきまとうからです。

webライターはクライアントからの納期に合わせて執筆していきます。そのため、時間にルーズな人は納期に間に合わずクライアントに迷惑をかけてしまうかも。

とはいえ、

普段は時間にルーズなんだけど、仕事は別で考えられる!

という人もいますよね。なので気になる方はまず無理のない範囲で案件応募して、実際の働き方を体験してみることをおすすめします!

以下に応募するべき案件を載せておくので参考にしてみてください。

「とりあえず体験してみたい」方が応募すべき案件

・単発の案件(継続だと長期間拘束されてしまう)

・単価が低めの案件(0.5円程度)

細かい作業が苦手な人

webライターに向いていない人|細かい作業が苦手な人

細かい作業が苦手な人はwebライターに向いていない可能性があります。

なぜならwebライターの仕事は1文字1文字を積み上げていく仕事のため、根本的な部分が細かいからです。

webライターの細かい仕事はどんなものがある?

・そもそもの執筆する作業

・文字装飾や画像を貼る作業

・執筆した文章の推敲など

特に推敲の部分は1文字ずつ読み上げながら誤字・脱字がないか確認する作業のため、細かいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

一気に稼ぎたい人

「一気に稼ぎたい」「ビジネスで一発当てたい」と考えている方にとって、webライターは向いていない可能性があります。

なぜならwebライターの働き方が一気に稼ぐモデルではないからです。

webライターの稼ぎ方とは…

webライターは文字単価や記事単価で報酬が決定します。自分が執筆した分だけ報酬が得られる反面、手が止まったら収益は発生しなくなるのです。

例えばブログの場合、一度記事を投稿すればそこから収益が生まれ続ける可能性があります。

しかし、webライターの場合は執筆した文字や記事に対して報酬が渡されるため、手が止まったら報酬は発生しません。

自分が動いていないと報酬が発生しないから一気には稼げないということですね!

楽して稼ぎたい人

webライターんい向いていない人|楽して稼ぎたい人

webライターは参入障壁が低く、誰でも始めやすい仕事です。しかし「誰でも簡単に稼げる」「楽して稼げる」というわけではありません。

webライターはより単価の高い仕事を受注するために専門的な知識を身につけたり、ライティングのスキルを身につけたりする必要があります。

「稼げるwebライター」になるには常に新しい情報を取り入れていく必要があるのです!

webライターに向いている人の始め方

・私webライター向いているかも!
・とりあえず挑戦してみたいな

このように考えている方は、まず小さくても良いので次のステップに進んでいきましょう!以下の記事でwebライターの始め方について解説していますので参考にしてみてください。

webライターの始め方!完全未経験でも稼げます

webライターに向いている人が身につけるべき3つのスキル

webライターに向いている人が身につけるべき3つのスキル

webライターはどうやって勉強したら良いのでしょうか?

このような悩みを持っている方に向けて、webライターが身につけるべき3つのスキルについて解説していきます!

  • 凡事徹底できる力
  • 基本的な文章力
  • リサーチ力

凡事徹底できる力

信頼されるライターになるには当たり前のことを当たり前にできなければなりません。なぜならwebライター以前に人として大切なことができなければ「この人に執筆してもらいたい」という感情にならないからです。

当たり前のことってなんでしょうか…?

以下に一例を挙げますので参考にしてみてください!

私が思う当たり前のこと

・即レス

・納期厳守

・丁寧にメールを送れる

・レギュレーションを読み込む力

どれも当たり前のことですが、実践する基準点を高くしておくとより信頼されるwebライターになれますよ。私が実践していることを参考にしてみてください。

・即レス

→基本的に確認したら返信。30分から1時間以内には返す。確認して折り返す場合はその旨を伝える

・納期厳守

→指定納期の2・3日前には納品

・丁寧にメールを送れる

→「お世話になっております」などビジネスライクな文章。相手に合わせて文調を変えられる

・レギュレーションを読み込む

→執筆前に読み込み、わからない部分や曖昧な部分は事前に質問。

まだまだな部分もありますが、これだけやっておくと不安と思われることは少なくなると思います。

ディレクターと雑談した時に聞いた話ですが「このライターいつか飛んじゃいそう…」と不安に思いながら関わることもあるそうです。

中にはうまくコミュニケーショが取れないwebライターもいるのが事実。ライティングスキルより前に当たり前のことができると簡単に差別化できますよ。

基本的な文章力

webライターが身につけるべき3つのスキル|基本的な文章力

webライターになるために、基本的な文章力は必要不可欠です。「この人に任しても良い」と思えるレベルの文章力がないと採用されないので、第一に身につけるべきスキルといえます。

どうやって勉強したら良いかわからない!
おすすめの勉強法を教えてください。

このような方もいらっしゃいますよね。webライターの勉強方法については以下の記事で解説していますので、確認してみてください!

>>>webライターの学習方法について解説!資格やコンサルは必要?

リサーチ力

webライターとして活動していく中でリサーチ力は欠かせません。なぜなら正しい情報を得られないとエビデンスに欠ける文章になってしまうからです。

webライターはどんなところから情報を仕入れるべき?

省庁などの公的機関や公益財団法人、書籍から情報を仕入れることが大切。ブログやWikipediaは信ぴょう性に欠ける情報が多数掲載されているので、基本的にエビデンスとしては使用しません。

初心者webライターの中には「他人のブログをエビデンスにする」方が散見されます。これでは信ぴょう性に欠ける文章になってしまうため、正しい情報元から仕入れるようにしましょう。

まとめ

webライターに向いている人は以下の特徴があります。

  • 文章を書くこと・読むことが好きな人
  • 人に何かを伝えることが好きな人
  • 集合時間や納期を守れる人
  • 探究心がある人

前提として、現段階でwebライティングのスキルを持っている必要はありません。誰でも初めはスキル無しの状態からのスタートなので、適性があるか確認することが大切です。

また、身に付けるべき3つのスキルは以下の通りです。

  • 凡事徹底できる力
  • 基本的な文章力
  • リサーチ力

これらの力を見に付けるとwebライターとしてより良いスタートが切れるようになりますよ!

「早速webライターを初めてみたい」という方は以下のボタンから始め方を確認してみてください!

webライターの始め方を確認する

合わせて読みたい記事

WordPressブログ無料で開設する方法を完全解説【期間限定で10,000円のキャッシュバック】 webライターの始め方!完全未経験でも稼げます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA